労働力で価値バリュー計測!お金の仕組みとマルクス資本主義社会分析

お金を稼ぎたいなら 金融を学ぶのが 重要ではないでしょうか。 マルクスの資本論は古典の名著 経済学の古典の名著である 資本論を読むと どうすればお金を稼げるかが 見えて来るでしょう。 資本主義社会という存在を分析 ヨーロッパで 1900年あたりに資本主義が発展し 社会のひずみが顕著になったのです。 そこで、マルクスは 資本主義とは何なのかを解釈し 解説したのが 資本論なのです。 資本論を読むと現代に通ずる 資本主義社会が分かるでしょう。 ちなみに、何千ページかあるので 漫画版か簡易版の方が 入り易いでしょ ...

ReadMore

お金を稼ぐための労働生産は正義?空しい仕事な資本主義の未来とは?

仕事に励んでいる人は 何のために働いているのか 分からない状態の人も いるのではないでしょうか? 生産するだけの存在 ただ単に労働生産をするだけの 存在に成り下がっているので 無気力に感じてしまっているのでは ないでしょうか。 マルクス資本論には 生産するだけの労働者の 姿が描かれています。 読むことでどうすれば良いか 分かるかもしれません。 お金を持つために労働? 多くの人たちが お金を獲得するためだけに 労働を提供しているのでは ないでしょうか? これが当たり前に感じている人も いると思いますが マル ...

ReadMore

剰余価値マルクス資本論と経済学上の超難しい課題!物と物の価値交換

社会主義と共産主義で有名な カールマルクスの 資本論が漫画で 分かり易く解説されています。 リンク 物と物の価値は同じなのか? マルクスは資本論において 物と物が同じくらいの価値だから チェンジするとされています。 結果論と事実 結果的には 同じくらいの価値の交換に なるわけですが 同じくらいの価値だからチェンジ しているというよりも 必要だから交換しているのが 事実ではないでしょうか。 マルクス資本論の剰余価値とは? 労働をしたとして 必ずしもすべての 対価をもらえるわけでは ないのではないでしょうか? ...

ReadMore

ロシア革命とソビエト連邦指導者レーニンの経済政策とマルクス資本論

ロシア革命で指導的な役割を 果たしたのが ソビエト連邦の ウラジミールレーニンです。 資本論のマルクスとレーニン レーニンがソビエト連邦を 建国できたのは マルクス資本論の考え方に よるとされているのです。 それだけマルクス資本論が すごいということです。 経済学の中でもマルクス資本論は別格 たくさんの経済の考え方がありますが レーニンのように実行に移して 革命を成功させた思想は 少ないためです。 レーニンだからこそ 活用できたのかもしれませんが。 貨幣お金が消えるのが社会主義 いわゆる社会主義とは 国が ...

ReadMore

米がお金貨幣の代わり!?江戸時代・古代日本経済と租税制給料石高制

日本にいると お金で物がやり取りされるのが 当然ですが 実は昔は 米を基準に経済が 回っていたのです。 古代日本経済の租 租という税で 米を徴収するのが 古代日本経済だったのです。 給料にも米 給料としても 米が使われていた時期が あるのです。 戦国時代豊臣秀吉の太閤検地と石高制 米が戦国時代の 実力者である 大名の力を表す石高として 使われたのです。 米は消費期限がある 米は貨幣と異なり 消費期限があります。 なので、 経済上消費を 自然に促すことにも なったのです。 現代も米経済にすると 上手く活性化 ...

ReadMore

あらすじマルクス資本論!難解でなく簡単に解説・不朽の古典おすすめ

社会主義や共産主義で著名な 不朽の古典の資本論ですが 難解でページ数が多いという 意見があります。 そこで、 かなり分かり易く 解説してみました! 資本主義と社会主義の違いとは 資本主義とは それぞれの人や組織が 自由に経済的な利益を 追求する体制のことです。 社会主義とは 国が経済を管理して 上手く回そうというものです。 資本主義と社会主義を知るには? 資本主義が良く分かる本として アダムスミスの国富論が 社会主義や共産主義が良く分かる本として カールマルクスの資本論があります。 資本論における商品とい ...

ReadMore

マルクス経済学解説本!再読・世界一簡単・池上彰講義・可能性・入門

今も議題に上ることの多い マルクスですが 自分で学んでいる人は 多くないのではないでしょうか? マルクスの経済学を知ることで悩み解決? もしも何かに悩んでいるとして マルクス経済学を知ると 解決の一端になるのではないでしょうか? 現代に通ずると感じている人も多いので マルクスを知る手助けになる本を お知らせします。 あの大帝国との戦い方を習得していける本 リンク マルクスを再読する 「帝国」とどう闘うかは 再読と書かれている通り 超丁寧な内容です。 感心しっばなし内容が濃い割には非常にわかりやすいマルクス ...

ReadMore

Amazonベストセラー本の剰余価値蓄積で訪れる独裁者の姿とは?

あの有名なアメリカ合衆国や 日本もいわゆる自由に 経済活動が奨励されている 資本主義ですが かつて栄えた 社会主義で 資本主義の課題を乗り越えようとした マルクスとその著作資本論を ご存知でしょうか? Amazonアマゾンでもベストセラーで 今も売れ続けている資本論で 資本主義の本当の姿を 垣間見るのをおすすめします。 何から経済学を始めるべきか 資本主義経済を知るにしても 何を基準にすべきかという点ですが マルクス資本論では 商品から始まっています。 理由はその当時の情勢もあるでしょうが 世界が商品の集 ...

ReadMore

雇い主資本蓄積の格差社会な現代!可変・不変・労働者困窮・IT時代

昔からのベストセラー本である マルクス資本論で 雇い主資本家が剰余価値を集め 資本蓄積という状態を 引き起こすわけですが ここが難解に感じている人も 多いようです。 詳しく簡単に分かるように解説 していきます。 労働力から発生する剰余価値とは? 労働者が何かを生産して 1万円分の生産物を創り出した場合 1万円分まるまる給料とは なかなかならないのです。 組織運営のために 1万円から差し引かれた分の 賃金となるのです。 可変資本と不変資本 労働力から発生した 余剰価値は 何に使われると 雇い主にメリットを ...

ReadMore

国富論アダムスミス簡単解説!分業神の見えざる手・重商主義自由貿易

社会主義と共産主義として 有名なベストセラー本が マルクス資本論なら 資本主義として 著名なベストセラー本が アダムスムスの国富論でしょう。 国富論著者アダムスミスとは何者? イギリスのスコットランド生まれの 人物です。 イギリスが経済的に発展していく中で 経済分析をするようになったようです。 人々の元々備わった道徳で社会が成立? アダムスミスは国富論発売以前に 道徳感情論という本を 発売しているのですが 人々は道徳によって 悪いことをせずに 社会を成立させている といった内容の本です。 日本は法治国家で ...

ReadMore

スポンサーリンク

カテゴリー

PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!

© 2021 資本論・国富論・金融・経済・主義・マルクス!おすすめ! Powered by AFFINGER5