スポンサーリンク

聖書と並称!優しく読める・物事判断手がかり・資本主義内部矛盾分析

マルクス資本論の

解説本は多いですが

第一巻のみを

4冊に分けて解説している本は

レアでしょう。

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)

お知らせしていきます!

労働力で価値バリュー計測!お金の仕組みとマルクス資本主義社会分析

お金を稼ぎたいなら 金融を学ぶのが 重要ではないで ...

続きを見る

労働価値説の序論というアマゾンAmazon通販口コミレビュー

世界史変更本・

聖書と並び称される歴史的名著を

読むための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)は

労働の価値について理解していけるっぽいです。

自分の労働の価値を

把握してみたい人も

楽しめるでしょう。

読みにくいことで有名な資本論を新たに翻訳したものというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義内部矛盾分析・

物事の判断の手がかりに

役立てるための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)は

あの難解とされることも結構あるあの本の

新しい解説本なのです。

他の解説書籍を持っている人も

読んでみると新発見が

あるのではないでしょうか?

超入門資本論!読破2時間・お金仕事方法重要ルール・勝ち残り力養成

経済学界の巨人として マルクスがそして著書の 資本 ...

続きを見る

本書では価値形態(使用価値交換価値)の定義や貨幣経済における価値の変遷について語られており基本的な部分の記載のみとなるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

世界史変更本・

聖書と並び称される歴史的名著を

読むための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)で

マルクス経済学の基本的概念を

勉強できるっぽいです。

マルクス経済学を

まったく知らない人は

これで把握することが

可能でしょう。

インフレデフレ!物価上下・円高円安・スパイラル・バブル不動産高騰

経済学の基本知識はたくさんありますが その中でも ...

続きを見る

資本論の肝である「増殖価値(剰余価値)」と資本家労働者との関係は次巻以降で詳細に語られるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義内部矛盾分析・

物事の判断の手がかりに

役立てるための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)の

次巻もあるっぽいです。

この本だけでなく次巻も

読むことでマルクス経済学

マスターに近づけるでしょう。

物価超急上昇ハイパーインフレ!戦費・賠償金・植民地独立・原油下落

日本にいるとあまり 遭遇する事のない 経済被害とし ...

続きを見る

普遍的な価値基準として人間の労働を当てはめる点に当時労働者をゴミのように扱っていた資本家に対するマルクスの憤りとヒューマニズムを垣間見ることができるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

世界史変更本・

聖書と並び称される歴史的名著を

読むための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)で

ヒューマニズムも学べるっぽいです。

ヒューマニズムと経済学

上手く組み合わせると

お金儲けにつながるのでは

ないでしょうか?

リーマンショック背景!低所得者向けサブプライムローン・住宅バブル

最近起きた金融危機に リーマンショックが あるでし ...

続きを見る

本書を起点とした「共産主義」が結果として多くの人間を殺めるに至った点は思想と現実の在り方を考える上で興味深いというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義内部矛盾分析・

物事の判断の手がかりに

役立てるための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)の

原著が結果的に人を

消してしまう原因の一つに

なったようです。

そこらへんも思考しながら読むと

興味深いでしょう。

金本位制!イギリス貨幣法ソブリン金貨・日本いつから復活・銀・変動

今では考えられない人も 多いですが 紙幣貨幣と金が ...

続きを見る

Royが仏訳した資本論第1巻に対してマルクスはほぼ全面的に手を入れました(彼は仏語圏にも住んでいて仏語もよくできたので)その後に死去していますのでこの『フランス語版資本論』(以下「仏語版」という)こそが彼の生前の意思をよく反映している最終版なのですというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

世界史変更本・

聖書と並び称される歴史的名著を

読むための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)だけでなく

このフランス語版も

おすすめっぽいです。

フランス語がこれで

得意になる人もいるでしょう。

金融学は銀行から?借金銭貸し意味・黒赤字主体・預貯金・利子・景気

経済学の中でも 金融を勉強しようと 考えている人は ...

続きを見る

中山訳ではドイツ語原書を和訳しつつもここはフランス語版を参照して「商品の価値対象性」でなく「商品の価値とは実際には何であるのかは・・・」というふうに訳しておりそのように注記もしていますので読みやすい訳ですというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義内部矛盾分析・

物事の判断の手がかりに

役立てるための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)は

読みやすい訳分っぽいです。

他で読み難いマルクス解説本を

読んだことがある人も

これなら大丈夫でしょう。

命より重いお金マネー話!収入給料落とし穴・社会的合法搾取カラクリ

お金儲けや経済を 学ぶ題材はたくさんありますが 大 ...

続きを見る

この訳ではそのほかの箇所でも「価値対象性」をフランス語版に即して「価値の形態」とか「価値対象としてのあり方」とか書いており実に明晰になっていますというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

世界史変更本・

聖書と並び称される歴史的名著を

読むための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)は

明晰な内容っぽいです。

経済学をあまり勉強

していない人でも

簡単に分かるのかもしれません。

マクロ経済学!読者数世界一・池上彰監訳・ノーベル賞学者推薦・人気

エコノミーを勉強する人に おすすめなのが マクロ経 ...

続きを見る

向坂訳(実際にはほぼ岡崎訳)や岡崎訳も悪くないし今村仁司ほか訳(筑摩書房マルクスコレクション)も読みやすいのですがいずれも上記の「商品の価値対象性」はそのままであってやはりここは私としては中山訳が一押しですというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義内部矛盾分析・

物事の判断の手がかりに

役立てるための

資本論経済学批判第1巻1

(日経BPクラシックス)の訳は

他の本よりもおすすめっぽいです。

他の本と見比べながら

読んでみるという楽しみ方も

あるでしょう。

保護貿易メリット!経済学の国民的体系・ドイツ・リスト・発展5段階

世界にはいろいろな経済学が 存在していますが 自国 ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-日経資本論

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5