初学者向け資本論

経済学史上のマルクス!資本論への歩み・労働二面性・貨幣発生と機能

経済学初学者でも おすすめの解説本なら どんどん読んでいける のではないでしょうか? 知っておきたいマルクス 「資本論」(角川ソフィア文庫) ご紹介していきます! 知っておきたいマルクス「資本論」の目次 序説 マルクスと『資本論』 (『資本論』への歩み;経済学史上のマルクス) 1章 商品・貨幣と資本(資本主義は商品社会; 商品をつくる労働の二面性;貨幣の発生と その諸機能;資本とはなにか) 2章 資本主義的生産の解明 (労働力-労働者の売る商品;剰余価値の生産; 労働賃金の秘密;資本の再生産と蓄積) 3章 ...

知っておきたいマルクス資本論!労働賃金シークレット・経済仕組み塾

皆が学習しておくべき 経済学解説本が 知っておきたい マルクス「資本論」です。 それを克服するには資本主義を通過し終えねばならないだろうがポスト資本主義の具体像までは述べられていないというアマゾンAmazon通販口コミレビュー 資本主義的生産解明・ 労働力-労働者の売る商品の 疑問点も読むならおすすめの 知っておきたいマルクス「資本論」は 資本主義に成り代わる主義についても 考察していけるっぽいです。 資本主義でなかったら どのような経済体制が 仕事や労働者にふさわしいのでしょうか? リンク 資本がプロレ ...

資本主義出現と拡大!剰余労働歴史・協業分業マニュファクチャ・蓄積

日本や多くの国で 資本主義経済が成立しているわけですが どのようにして出現したのでしょうか? その成り立ちを知ると 経済のいろいろが見えるでしょう。 知っておきたいマルクス 「資本論」(角川ソフィア文庫) お知らせしていきます! 所々難解な箇所はありましたが総じてわかりやすく資本主義とはどういうものかが書かれていますというアマゾンAmazon通販口コミレビュー 資本主義生成と発展・ 剰余労働の前史歴史・ 本源的蓄積の意味を 学ぶテキストな 知っておきたいマルクス 「資本論」は 難解でない分かりやすい 内容 ...

大工業機械時代と労働者・失業者必要?資本主義ゆくえ・世界経済破綻

今の時代では当たり前ですが ある時期から機会と労働者は 並存するようになったのです。 果たしてどのような関係性が 望ましいのでしょうか? 知っておきたいマルクス 「資本論」(角川ソフィア文庫) ご紹介していきます! 彼が当時のイギリスの労働階級の現状を目の当たりにしたことも彼の理論構築への大きな一助となったことは想像に容易いというアマゾンAmazon通販口コミレビュー 大工業と労働者・ 失業者の必要性・ 資本主義のゆくえを 問題点共に学ぶための 知っておきたいマルクス 「資本論」はイギリスの 労働階級から ...

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5