お金を儲ける考え方

労働力で価値バリュー計測!お金の仕組みとマルクス資本主義社会分析

お金を稼ぎたいなら 金融を学ぶのが 重要ではないでしょうか。 マルクスの資本論は古典の名著 経済学の古典の名著である 資本論を読むと どうすればお金を稼げるかが 見えて来るでしょう。 資本主義社会という存在を分析 ヨーロッパで 1900年あたりに資本主義が発展し 社会のひずみが顕著になったのです。 そこで、マルクスは 資本主義とは何なのかを解釈し 解説したのが 資本論なのです。 資本論を読むと現代に通ずる 資本主義社会が分かるでしょう。 ちなみに、何千ページかあるので 漫画版か簡易版の方が 入り易いでしょ ...

お金を稼ぐための労働生産は正義?空しい仕事な資本主義の未来とは?

仕事に励んでいる人は 何のために働いているのか 分からない状態の人も いるのではないでしょうか? 生産するだけの存在 ただ単に労働生産をするだけの 存在に成り下がっているので 無気力に感じてしまっているのでは ないでしょうか。 マルクス資本論には 生産するだけの労働者の 姿が描かれています。 読むことでどうすれば良いか 分かるかもしれません。 お金を持つために労働? 多くの人たちが お金を獲得するためだけに 労働を提供しているのでは ないでしょうか? これが当たり前に感じている人も いると思いますが マル ...

剰余価値マルクス資本論と経済学上の超難しい課題!物と物の価値交換

社会主義と共産主義で有名な カールマルクスの 資本論が漫画で 分かり易く解説されています。 リンク 物と物の価値は同じなのか? マルクスは資本論において 物と物が同じくらいの価値だから チェンジするとされています。 結果論と事実 結果的には 同じくらいの価値の交換に なるわけですが 同じくらいの価値だからチェンジ しているというよりも 必要だから交換しているのが 事実ではないでしょうか。 マルクス資本論の剰余価値とは? 労働をしたとして 必ずしもすべての 対価をもらえるわけでは ないのではないでしょうか? ...

雇い主資本蓄積の格差社会な現代!可変・不変・労働者困窮・IT時代

昔からのベストセラー本である マルクス資本論で 雇い主資本家が剰余価値を集め 資本蓄積という状態を 引き起こすわけですが ここが難解に感じている人も 多いようです。 詳しく簡単に分かるように解説 していきます。 労働力から発生する剰余価値とは? 労働者が何かを生産して 1万円分の生産物を創り出した場合 1万円分まるまる給料とは なかなかならないのです。 組織運営のために 1万円から差し引かれた分の 賃金となるのです。 可変資本と不変資本 労働力から発生した 余剰価値は 何に使われると 雇い主にメリットを ...

error: Content is protected !!

© 2021 資本論・国富論・金融・経済・主義・マルクス!おすすめ! Powered by AFFINGER5