マルクス資本論以外の経済学

新古典派経済学特徴!アダムスミス国富論進化・限界革命・価格弾力性

世の中には たくさんの経済学が 存在していますが 今回は 新古典派経済学というものを 解説してみたいと思います。 今現在マルクス資本論を 読んでいる人も 役立つ内容となるでしょう。 国富論アダムスミスの経済学を発展 新古典派経済学の代表者とされているのが アルフレッドマーシャルですが あの国富論のアダムスミスの 経済学を発展させたようなのです。 国富論の続きが知りたい人は マーシャルの著作を 読んでおいてください。 商品の値段は何で決まるのか? マルクス資本論においては 商品はどれくらいの労働が 行われた ...

重農主義経済表!線数字図式化な分析的手法・富再生産・重商主義批判

マルクス資本論は まさに経済学というもので 商業的な考え方の ベストセラー本と言えます。 実は農業の方が大事じゃないかという 重農主義という考え方もあるのです。 重農主義の代表的人物フランソワケネー フランソワケネーは あの中国の孔子や無為の 考えの影響も 受けたっぽいです。 経済表!著者フランソワケネーの代表作 この本を読むことで 重農主義の 何たるかが 掴めるでしょう。 一国の諸階級間の所得の流通と収入源泉を簡潔な線と数字で図式化 経済学の中でも 線と数字で 国の経済力を表した本は なかなかないのでは ...

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5