スポンサーリンク

隷属への道!スターリンヒトラー予見?計画経済・ファシズム・真自由

従属という行為を

嫌がる人は多いですが

かつてのイギリスに対して

従属すなわち隷属に

なってしまうよという

忠告をしたのが

隷属への道のフリードリヒハイエク

だったのです。

マルクス論超正確理解!資本制社会最重要概念キモ・生を鮮やかに解明

あのマルクス資本論も いろいろな読み方 使い方があ ...

続きを見る

国富論で有名なアダムスミスの学派

フリードリヒハイエクは

あの経済業界有名人の

アダムスミスの

市場原理重視派です。

この一派は

市場原理重視を

基本とする流れで

発展していき

新自由主義派と呼ばれることもあります。

図解資本論丁寧!現代的事例・全3巻内容・文庫安い価格Kindle

マルクス資本論解説の中でも 見た目の分かり易さで ...

続きを見る

社会主義とイギリス経済

イギリスと聞くと

資本主義の代表と

感じている人もいると思いますが

社会主義の市場介入で

景気回復という点は

資本主義のやり方と

矛盾するものでは

なかったのです。

アメリカやドイツは

政府の強力な手動により

経済回復を

行ってもいました。

英国エコノミスト誌選出な著者!新天地・経営本質・国家世界経済解説

今会社や店を 運営しているなら この本が使えるでし ...

続きを見る

社会主義経済体制の弊害とは?

上記のように

社会主義は

市場に強力に介入するので

不景気には良いように見えても

普段まで政府が経済に

政府の都合で介入してしまう

体制になりかねないのではないでしょうか?

その国民が国家権力に

従属していく流れを

揶揄したのが

フリードリヒハイエクの

隷属への道なのです。

もっと別の言い方で書くと

ファシズムと言います。

貨幣力とベーシックインカム!資本主義終着?サイバー独裁・真の経済

経済の中でも 貨幣力をあまり 理解出来ていない人も ...

続きを見る

本当の自由とは?

自由の意味とは

普通に考えると

何ものにも束縛されないことを

意味するわけですが

社会主義者は貧しさから

自由になることを強調していると

フリードリヒハイエクは

述べているのです。

確かにと思う人も多いでしょう。

マクロ経済学!読者数世界一・池上彰監訳・ノーベル賞学者推薦・人気

エコノミーを勉強する人に おすすめなのが マクロ経 ...

続きを見る

社会主義の国家主導の弊害

国家が必要と見なしたものを

必要な分量生産すると

一見無駄がないように見えます。

ですが、どんな天才でも

すべての国民に必要なものを

判断するのは難しい

のではないでしょうか?

いわゆる計画経済は

小規模だと上手くいく

可能性はありますが

国家レベルになると

難解ということです。

話題トマピケティAmazon本!国際累進資産税・投資リターン意味

資本主義の世界で 経済格差を感じているなら その専 ...

続きを見る

社会主義の計画経済の終焉

上記の計画経済が

破綻し国民が不満を

増大させてもしも

計画経済が終結しなかった場合

どうなると思いますか?

政府は権力を振りかざし

国民を弾圧して支配する

独裁経済に移行するのです。

何のための社会主義経済

だったのでしょうか?

世界一かんたんなマルクス経済本!短期間マスター・革命的ガイド書籍

マルクス経済学は 難解で読み難いと 感じている人が ...

続きを見る

ヨシフスターリンとヒトラー登場以前の話

今の時代の人は

社会主義やファシズムの

やり方や末路を知っていますが

フリードリヒハイエクは

社会主義の終焉を

スターリンやヒトラー

登場以前に予知

していたのです。

かなりの慧眼と言えます。

マルクス自身の手による資本論入門!超丁寧文体デザインコメント絶賛

面白いマルクス資本論を 発見しました! マルクス自 ...

続きを見る

良い選択も出来なくなる社会主義の経済体制

計画経済体制では

国の偉い人が

何を必要とするか

判断するわけですが

国民の選択を

奪ってしまっているという

見方はないでしょうか?

そしてその中にこそ

正解が存在していることも

あるのではないでしょうか?

まんがで読破資本論!何度も読み返したくなる・金が何で出来ているか

難解な有名本も コミックだと すんなり入って来る ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-重要な経済知識考え

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5