スポンサーリンク

世界的ブームなハーヴェイ教授入口本!マルクス自身の観点に立ち返る

実はあの

資本論のマルクス経済学が

世界的ブームになっているのです。

その牽引本たる〈資本論〉入門

お知らせしていきます!

超入門資本論!読破2時間・お金仕事方法重要ルール・勝ち残り力養成

経済学界の巨人として マルクスがそして著書の 資本 ...

続きを見る

本書の前半(第1章~第5章)では商品としての労働が資本形成に持つ意味を解き明かしというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

機械と大工業-技術と諸契機の弁証法

-機械と階級闘争のダイナミズム・

剰余価値論から資本蓄積論へを

勉強するための〈資本論〉入門で

労働という商品を

学べるっぽいです。

労働が商品という自覚のない人は

読んでおくとためになるでしょう。

後半(第6章~第11章)では労働者の搾取から生み出された剰余価値が「略奪による蓄積」として資本の本源的蓄積に至る過程を解き明かしているというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義的蓄積と貧困・

本源的蓄積と「略奪による蓄積」・

省察と予測を学ぶための

〈資本論〉入門で

剰余価値の変貌も学べるっぽいです。

剰余価値とは何ぞやという人も

この本を読破すれば

セーフでしょう。

胸を打つ恋物語資本論まんが!斬新・神とは・会社・経済専門用語説明

難解でページ数が多い 昔からの名著も まんがだとす ...

続きを見る

著者のスタンスは資本論のテクストを忠実に読むと同時にその現代的な意味にも及んでいるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

機械と大工業-技術と諸契機の弁証法

-機械と階級闘争のダイナミズム・

剰余価値論から資本蓄積論へを

勉強するための〈資本論〉入門は

現代的経済理解にも使えるっぽいです。

マルクス資本論を

現実に活かしていきたい人も

助かる書籍でしょう。

お金紙幣の歴史・銀行制度・イングランド・徴税権担保・政府国民借金

昔からのベストセラー本の マルクス資本論の7巻あた ...

続きを見る

こうしてマルクスの分析は今日の資本主義社会にまで到達する視野を持つことが納得できるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義的蓄積と貧困・

本源的蓄積と「略奪による蓄積」・

省察と予測を学ぶための

〈資本論〉入門で

マルクスの深い分析を

知れるっぽいです。

まだ伝説的マルクス学に

触れたことがない人は

ここが入門になるでしょう。

新自由主義で経済力アップ?弊害?無免許可?福祉公共国防と政府役割

ある国の経済を 上手く回す際に 政府がどれくらい介 ...

続きを見る

一例を挙げれば明石順平著『人間使い捨て国家』(角川新書2019年)は日本の企業の多くがブラック企業化しておりまさに「ブラック国家日本」であることを多くの事例で紹介しているというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

機械と大工業-技術と諸契機の弁証法

-機械と階級闘争のダイナミズム・

剰余価値論から資本蓄積論へを

勉強するための〈資本論〉入門は

ブラック企業への認識も

深められるっぽいです。

ブラック企業が何なのか分かっていない人は

この本が理解の助けになるでしょう。

経済ジャーナリスト著作・お金教科書・銭苦しみ救世主・思考の癖解説

あのカイジでお金を学ぶ すでに大人気のあの本を お ...

続きを見る

その共通病根には「残業代の不払い」があるマルクスの時代のイギリスの労働者と本質的に変わりないというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義的蓄積と貧困・

本源的蓄積と「略奪による蓄積」・

省察と予測を学ぶための

〈資本論〉入門から

イギリスと日本の労働の共通点を

見出した人もいます。

他の国の労働とも比べてみると

更に深い経済学になるでしょう。

経済理論神髄!アダムスミス国富論で幸福感な生き方習得・政府の意義

神の見えざる手で有名な アダムスミスと国富論ですが ...

続きを見る

企業経営者は「労働こそが価値の源泉」であることを熟知しており「残業代の踏み倒し」を手っ取り早く儲ける手口としているのだというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

機械と大工業-技術と諸契機の弁証法

-機械と階級闘争のダイナミズム・

剰余価値論から資本蓄積論へを

勉強するための〈資本論〉入門で

残業代の問題にも言及している人もいます。

自分の職業の残業代はどうか

どうすれば良いかを思考してみると

何らかの解決につながるかもしれません。

リーマンショック背景!低所得者向けサブプライムローン・住宅バブル

最近起きた金融危機に リーマンショックが あるでし ...

続きを見る

アメリカや日本など先進国からの中国を含む東アジア諸国への製造業の移転は「労働こそが価値の源泉」であることを熟知した企業経営者の集団的な行動なのであるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義的蓄積と貧困・

本源的蓄積と「略奪による蓄積」・

省察と予測を学ぶための

〈資本論〉入門で

中国や東アジア労働経済を

思考した人もいます。

これからのアメリカ日本は

労働資源において他国に

追い抜かれていくのでしょうか?

現代経済格差社会なぜ?商品・剰余価値・包摂・階級闘争・本源的蓄積

日本や中国でも 戦国時代が存在した わけですが 今 ...

続きを見る

さらに無責任な「わが亡き後に洪水は来たれ!」が信条の大企業経営者をスポンサーとするトランプ大統領が地球温暖化問題に対して冷笑的な背景も実によく理解できるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

機械と大工業-技術と諸契機の弁証法

-機械と階級闘争のダイナミズム・

剰余価値論から資本蓄積論へを

勉強するための〈資本論〉入門で

トランプの環境政策を

上手く把握した人もいるようです。

この本を読んでおくと

世界の経済やその他の問題の

知識も深められるのでしょう。

逆境での強さ考え方振る舞い自分保ち方とは?カイジ学!天職仕事勝負

経済学だけでなく 仕事や職業について あの大人気漫 ...

続きを見る

著者による『資本論』の解説はマルクスの透徹した視野の恐るべき威力を改めて思い知らせてくれたというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

資本主義的蓄積と貧困・

本源的蓄積と「略奪による蓄積」・

省察と予測を学ぶための

〈資本論〉入門で

マルクスのすごさに思い至った人もいます。

マルクス経済学をまったく知らない人は

この本で体感すると

同じような感想になるのではないでしょうか?

保護貿易メリット!経済学の国民的体系・ドイツ・リスト・発展5段階

世界にはいろいろな経済学が 存在していますが 自国 ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-入口的資本論

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5