スポンサーリンク

GDP国内総生産と物価変動・GNP違い・三面等価原則・日本米中国

ある国や組織の経済力を

測定する基準として

GDPというものがあります。

詳しく知っておくと

どこかの集団の経済力を

しっかり測れるでしょう。

経済ジャーナリスト著作・お金教科書・銭苦しみ救世主・思考の癖解説

あのカイジでお金を学ぶ すでに大人気のあの本を お ...

続きを見る

GDPとは国内総生産という意味

名前の通り

その国で生産されたものの

総計です。

材料として使われた費用などは

差し引いて計算するのです。

1万円の材料費で

2万円の何かを生産した場合

1万円がGDPということです。

どんどんGDPが増加していると

国力もアップしている傾向が

あります。

アニメカイジで勝つ働き方仕事!幸福得る知恵・ワークライフバランス

マルクス資本論や アダムスミス国富論が 難し過ぎて ...

続きを見る

あくまで国内総生産がGDP

海外や他国で日本関係の組織が

何かを生産してもGDPには

入らないのです。

もしも隠れて自国の組織が

何かを生産していたら

GDP以上のパワーが

その国にはあるかもしれません。

新書大賞1位人新世資本論!気候変動・資本主義幻想・地球コモン再建

アマゾンのレビューが 1000個以上の マルクス資 ...

続きを見る

GNPは国民総生産

ある国の本当の経済力を

計る指針としては

GNPがあるのです。

上記の海外他国生産も

入った基準だからです。

ただ、GNPを正しく

申告していない可能性も

あるでしょう。

経済理論神髄!アダムスミス国富論で幸福感な生き方習得・政府の意義

神の見えざる手で有名な アダムスミスと国富論ですが ...

続きを見る

GDPで経済的な変化が分かる!

GDPが良い方向に変化している場合

その国の経済的な国力が

アップしていることが分かるでしょう。

逆に下がっていたら

経済的に弱体化しているということです。

資本主義勝者絶対ルール!給料以上働いていませんか?残酷な剰余価値

あのレジェンドな ベストセラー マルクス資本論を ...

続きを見る

GDPに物価変化をプラスしたGDP

物価が変化すると

1万円のものが

実質は5000円だったり2万円だったり

するでしょう。

それを含めてGDPを

判断する方法もあるのです。

初学者おすすめ資本論!年収1000万円しんどい?言葉の重みすごい

お金紙幣貨幣と仕事ビジネスの 勝利者になるための ...

続きを見る

三面等価の原則により分配・生産・支出が同じ?

ある有名な原則で

分配と生産と支出が

同じになるということを

知っておけば充分でしょう。

結構経済学で有名な

ことっぽいです。

重農主義経済表!線数字図式化な分析的手法・富再生産・重商主義批判

マルクス資本論は まさに経済学というもので 商業的 ...

続きを見る

GDPの国民一人換算バージョン

GDPをその国の人口で

割る考え方があります。

これにより

その国の国民が

どれくらい経済利益を

受けられるかが分かるのです。

GDPが高くても

人口が多く国民一人換算の

GDPが少ないと

貧困層が多いと言えます。

超入門資本論!読破2時間・お金仕事方法重要ルール・勝ち残り力養成

経済学界の巨人として マルクスがそして著書の 資本 ...

続きを見る

世界のGDPは1990から2015年あたりまで3%前後成長

どの仕事にどこの世界で就いても

普通に働いているだけでも

割と前よりは経済的に

豊かになると言えるでしょう。

今の時代は特に世界が

それぞれの国々と近いので

どこかだけ経済成長不況ということは

ないでしょう。

あらすじマルクス資本論!難解でなく簡単に解説・不朽の古典おすすめ

社会主義や共産主義で著名な 不朽の古典の資本論です ...

続きを見る

自由な経済と統制な経済の是非

日本やアメリカは

いわゆる自由経済体制で

成功しているわけですが

中華人民共和国は

共産党の統制により

急激な経済成長が

行われているのです。

果たして自由と統制

どちらが経済的に

望ましいのでしょうか?

新古典派経済学特徴!アダムスミス国富論進化・限界革命・価格弾力性

世の中には たくさんの経済学が 存在していますが ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-重要な経済知識考え

error: Content is protected !!