スポンサーリンク

労働力で価値バリュー計測!お金の仕組みとマルクス資本主義社会分析

お金を稼ぎたいなら

金融を学ぶのが

重要ではないでしょうか。

米がお金貨幣の代わり!?江戸時代・古代日本経済と租税制給料石高制

日本にいると お金で物がやり取りされるのが 当然で ...

続きを見る

マルクスの資本論は古典の名著

経済学の古典の名著である

資本論を読むと

どうすればお金を稼げるかが

見えて来るでしょう。

Amazonベストセラー本の剰余価値蓄積で訪れる独裁者の姿とは?

あの有名なアメリカ合衆国や 日本もいわゆる自由に ...

続きを見る

資本主義社会という存在を分析

ヨーロッパで

1900年あたりに資本主義が発展し

社会のひずみが顕著になったのです。

そこで、マルクスは

資本主義とは何なのかを解釈し

解説したのが

資本論なのです。

資本論を読むと現代に通ずる

資本主義社会が分かるでしょう。

ちなみに、何千ページかあるので

漫画版か簡易版の方が

入り易いでしょう。

国富論アダムスミス簡単解説!分業神の見えざる手・重商主義自由貿易

社会主義と共産主義として 有名なベストセラー本が ...

続きを見る

労働力でその事柄のバリューを計る

今の時代だと物の価値を

お金で計る人が多いですが

マルクス資本論では

労働力で計るのです。

これを知るだけでも

賢くなった気になれるでしょう。

マルクス経済学解説本!再読・世界一簡単・池上彰講義・可能性・入門

今も議題に上ることの多い マルクスですが 自分で学 ...

続きを見る

お金の仕組みを理解すると儲かる?

前述のように

労働力で価値すなわちお金と

交換していくわけですが

労働力を巧みに操って

お金を積み上げるという

考えも出て来るでしょう。

労働力を提供するのではなく

お金を集めるという発想で

お金持ちになっていけるでしょう。


スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-お金を儲ける考え方

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5