スポンサーリンク

現代経済格差社会なぜ?商品・剰余価値・包摂・階級闘争・本源的蓄積

日本や中国でも

戦国時代が存在した

わけですが

今の時代は格差社会の

戦国時代ではないでしょうか?

生き延びるのに役立つのが

武器としての資本論です。

本格経営書!アービトラージ・企業参謀・経済探検・新冷戦・勝者敗者

実はアメリカではない 新大陸があるのです。 大前研 ...

続きを見る

いわゆる新自由主義の成立背景が詳細に解説!

商品と階級闘争と剰余価値と包摂と

本源的蓄積・資本主義社会とは?を

学ぶための武器としての資本論で

新自由主義を解釈し直せるのでしょう。

新自由主義を知っている人も

この本でこの主義の別の側面が

分かるかもしれません。

日本や世界でも新自由主義が

経済的に実行された

事例があるので

調べてみると

一歩先の理解となるでしょう。

新自由主義で経済力アップ?弊害?無免許可?福祉公共国防と政府役割

ある国の経済を 上手く回す際に 政府がどれくらい介 ...

続きを見る

資本制は結構昔に成立しているのでそろそろ終わらせて打破すべき?

本書はどのような「資本論」入門

なのか・後腐れのない共同体外の

原理「無縁」商品の起源を

読むための武器としての資本論で

資本制の終焉を想像した人もいます。

資本制のいったい何が問題

なのでしょうか?

分からない人は

是非一読ください。

資本制が終焉した場合

果たして前よりも

良いことが生ずるでしょうか?

ソビエト連邦や他の社会主義国家の

末路のようになることも

考えられるでしょう。

ホリエモン資本論!マネー教育哲学・幸福な国とは?恣意的ルール運用

ニッポン放送買収計画などで 著名なホリエモンの経済 ...

続きを見る

資本制の次!と言ってみたところでどうすれば良いのでしょうか?

商品と階級闘争と剰余価値と包摂と

本源的蓄積・資本主義社会とは?を

学ぶための武器としての資本論で

資本主義の未来を熟考した人もいます。

資本制は100年後

どうあるべきでしょうか?

社会主義や共産主義が

本当の意味で見直されるべき

時期に突入しているのかも

しれません。

ちなみに、私のこのブログでは

共産主義や社会主義が

いたるところで

解説してあります。

マルクス主義簡単!資本家階級・共産・唯物史観・独裁経済・問題批判

今はなき ソビエト連邦は マルクス主義を参考にして ...

続きを見る

能力が低かったりお金が少なかったりしたら贅沢を耐えるべき?他の価値観でこの資本制感覚を乗り越えられる?

本書はどのような「資本論」入門

なのか・後腐れのない共同体外の

原理「無縁」商品の起源を

読むための武器としての資本論は

現代人の課題を認識し

解消の糸口を提供するものっぽいです。

何が問題かハッキリ出来ていない人ほど

読んでおくのをおすすめします。

お金が少ないから上手い食べ物が

手に入らないという時点で

資本制ということでしょう。

皆が好きに贅沢ができると

それはそれで別の問題が

発生するかもしれません。

トマピケティ資本論!世襲財産・ビルゲイツWindows不労所得?

あのトマピケティが マルクス資本論を 新解釈してい ...

続きを見る

あなた自身の価値観でどんどん思考してみてください!

商品と階級闘争と剰余価値と包摂と

本源的蓄積・資本主義社会とは?を

学ぶための武器としての資本論を

自分自身で言い換えてみると

経済思考力アップでしょう。

面倒に感じても

とにかくチャレンジしてみるのを

おすすめします。

マルクスる?読者評価分かりやすさ証明・資本蓄積循環流通・利子利潤

著者は言う 「マルクス理論で給料額を 容易に説明可 ...

続きを見る

資本主義の代表的現象である剰余価値により物質的な欲望をどんどん満たそうとする、だがそれは幻覚?

本書はどのような「資本論」入門

なのか・後腐れのない共同体外の

原理「無縁」商品の起源を

読むための武器としての資本論で

マルクス自身の言葉を想像した

人もいます。

あなたはこの本で

どのマルクスのワードを

思い出すでしょうか?

物質への欲望を

捨てされる人が増加したとき

本当に資本制から解消

されるのでしょうか?

あなたの夢阻む2つの宿敵とは?目標喪失感改善・底辺から駆け上がる

カイジ「どん底からはいあがる」 生き方の話という本 ...

続きを見る

普通に生きているだけの人たちがしっかり自覚することで資本制の次が出現?

商品と階級闘争と剰余価値と包摂と

本源的蓄積・資本主義社会とは?を

学ぶための武器としての資本論を

読むと資本制の次を

考えられるようになるっぽいです。

資本制の将来が

まったくイメージ出来ない人は

まずはこの本を読んでおいてください。

果たして一般人全員が

自覚する未来など

あり得るのでしょうか?

超訳資本論!投資家著作・この上なく論点明快・ビジネスマンバイブル

マルクス資本論の 解説本はたくさんありますが スー ...

続きを見る

本書は結局は美味しいものを食べろ!が結論っぽいです、階級闘争とか他の事柄はどこに?真意とは?

本書はどのような「資本論」入門

なのか・後腐れのない共同体外の

原理「無縁」商品の起源を

読むための武器としての資本論で

うまいものを食べることの

経済学上の意味に

気付けるっぽいです。

この点の重大性を

認識している人もいます。

読み方は人それぞれでしょう。

今の時代の階級闘争は

どのようなものを

指すのでしょうか?

階級闘争の果ては

人類にとって素晴らしい

ワクワクするような

未来なのでしょうか?

それとも・・・・・・

金が金を生む・技術革新と人の幸福・恐慌と資本主義・労働者販売商品

お金を稼げるようになるためには やはりプロや専門家 ...

続きを見る

資本制の要請と求めと人類の物質代謝に終わりが訪れる時とは?

商品と階級闘争と剰余価値と包摂と

本源的蓄積・資本主義社会とは?を

学ぶための武器としての資本論で

人の根源的な意義を想像した人もいます。

人を知ることが経済学上も

重要なのでしょう。

マクロ経済学!読者数世界一・池上彰監訳・ノーベル賞学者推薦・人気

エコノミーを勉強する人に おすすめなのが マクロ経 ...

続きを見る

うまいものを実感可能という感性は人類が脈々と受け継がれてきたことの重大性!

本書はどのような「資本論」入門

なのか・後腐れのない共同体外の

原理「無縁」商品の起源を

読むための武器としての資本論と

食文化は大事な関係性があるっぽいです。

飲食店で働いている人は特に

実感しやすいのかもしれません。

国の借金国債はいくらでも可!?インフレ他の経済学比較・本当の正解

世界にはいろいろな 経済学の理論がありますが 借金 ...

続きを見る

新しい自由な思考が詳しく説明?

商品と階級闘争と剰余価値と包摂と

本源的蓄積・資本主義社会とは?を

学ぶための武器としての資本論は

新鮮なフリーを体感することにも

つながるようです。

今拘束感を多く

感じている人は

読むことで

自由になるにはどうすれば良いかが

分かるでしょう。

ベルギードイツフランスイギリス舞台!永遠名著な共産党宣言執筆描く

あのすごい歴史的名著な 共産党宣言が出現するまでを ...

続きを見る

資本体制に変化してかなりの年月が経っているはずですが・・・

本書はどのような「資本論」入門

なのか・後腐れのない共同体外の

原理「無縁」商品の起源を

読むための武器としての資本論は

今の経済体制への疑問解消にも

つながるのかもしれません。

このまま資本制が継続していくと

我々人類はどうなるのでしょうか?

ドイツ社会民主労働者党宣伝活動家モスト著作!指導者もマルクス依頼

あのドイツの有名な党の 著名人が著者なのが マルク ...

続きを見る

資本体制の次の次元の姿とは?今までの誰もハッキリとは語れないのかも

商品と階級闘争と剰余価値と包摂と

本源的蓄積・資本主義社会とは?を

学ぶための武器としての資本論を

しっかり読むことで

資本体制の次元を超えた状況を

思い描いていけるのではないでしょうか?

今までの偉人を超えるつもりで

読めば何かが見えて来るかもしれません。

資本主義経済とは?分業・市民産業革命・私的所有・株式会社・道徳感

今の日本も世界の多くの 国々でも資本主義経済体制が ...

続きを見る

資本経済体制とは所詮は今の価値観や感じ方や思考で成立しているものに過ぎないのでは?

本書はどのような「資本論」入門

なのか・後腐れのない共同体外の

原理「無縁」商品の起源を

読むための武器としての資本論で

新しい価値観を思い付いていくと

資本制を根本から揺るがすものが

見つかるかもしれません。

あなたはこの書籍で

どのような珍しい価値観を

見出すのでしょうか?

MMT現代貨幣理論入門!歴史的な意義・マクロ会計基礎・租税・財政

マルクス資本論や 他の経済学にも出現してくる 貨幣 ...

続きを見る

まずは自分自身の視点でとにかくすぐにでも読んでみるべきでしょう

商品と階級闘争と剰余価値と包摂と

本源的蓄積・資本主義社会とは?を

学ぶための武器としての資本論は

硬く考えずに

自分らしく見てみると良いでしょう。

それだけでも

いろいろな得るところが

たくさんではないでしょうか?

超難解価値形態論激解!分かりやすいフランス語版・翻訳史上画期作品

あのマルクス第1巻の 難解と感じる人も結構いる 価 ...

続きを見る

剰余価値や物質主義はまぼろしのようなもの?誠の神髄が現れて来る?

本書はどのような「資本論」入門

なのか・後腐れのない共同体外の

原理「無縁」商品の起源を

読むための武器としての資本論で

様々な物事の

真の姿が見えて来るようです。

あなたの周りの物事の

本当が見えると

驚愕するかもしれません。

ワルラス経済学!限界効用理論・革命・逓減法則・無差別曲線・代替率

限界効用理論は ミクロ経済学で 必須と呼べる概念で ...

続きを見る

資本制も一般人が結束して革命的なことを行うと消える?

商品と階級闘争と剰余価値と包摂と

本源的蓄積・資本主義社会とは?を

学ぶための武器としての資本論で

資本体制の打ち破り方を

熟考していけるみたいです。

今の体制に不満を感じている人は

読んでおく方がメリット大でしょう。

大工業機械時代と労働者・失業者必要?資本主義ゆくえ・世界経済破綻

今の時代では当たり前ですが ある時期から機会と労働 ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-武器マルクス資本論

error: Content is protected !!