スポンサーリンク

貨幣力とベーシックインカム!資本主義終着?サイバー独裁・真の経済

経済の中でも

貨幣力をあまり

理解出来ていない人も

いるようです。

貨幣のパワーを

体感するためにも

資本主義の終わりか、

人間の終焉か?未来への大分岐の

読書をおすすめします。

剰余価値マルクス資本論と経済学上の超難しい課題!物と物の価値交換

社会主義と共産主義で有名な カールマルクスの 資本 ...

続きを見る

究極的にはその他者の事を人間ではない存在と考えるようになりこの「非人間化」の考えはただちに暴力の正当化を生み出すことになるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

「ポスト真実」時代を

誕生させた真犯人とは?

人間終結?と相対主義を

学ぶための資本主義の終わりか、

人間の終焉か?未来への大分岐で

人間ではないものと見なされてしまう

人のことを考えた人もいます。

恐ろしい現象もあるようです。

この本を読んでおけば

セーフになるやり方が

分かるかもしれません。

なぜなら相手は鳥や豚のようなものだからであるその非人間化の行きつくとこまで行きついたのがナチスの強制収容所であり現代の非人間化の典型がパレスチナのガザ地区であるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

ニュー実在論で再民主主義・

絶対主義でない思考を

知るための資本主義の終わりか、

人間の終焉か?未来への大分岐から

あのナチスドイツの所業に

思い至った人もいます。

パレスチナでも同じような

現象があるっぽいです。

人間の終焉がまったく

想像つかない人は

ナチスドイツとパレスチナ

らへんを調べてみると良いでしょう。

資本主義勝者絶対ルール!給料以上働いていませんか?残酷な剰余価値

あのレジェンドな ベストセラー マルクス資本論を ...

続きを見る

マルクスガブリエルのこの「客観的事実の危機」と「他者の非人間化」という二つのキーワードによる現代社会の分析は誠に鋭いものがあるというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

「ポスト真実」時代を

誕生させた真犯人とは?

人間終結?と相対主義を

学ぶための資本主義の終わりか、

人間の終焉か?未来への大分岐で

マルクスガブリエル氏の

主張が秀逸っぽいです。

この人自体知らない人は

この本で出会うと良いでしょう。

新書大賞1位人新世資本論!気候変動・資本主義幻想・地球コモン再建

アマゾンのレビューが 1000個以上の マルクス資 ...

続きを見る

明らかに事実だと思われることをネット(ガブリエルの言葉によれば「危険な情報の高速道路」)を使ってフェイクだと糾弾させというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

ニュー実在論で再民主主義・

絶対主義でない思考を

知るための資本主義の終わりか、

人間の終焉か?未来への大分岐で

ネットフェイクについて

思考した人もいます。

ネットの真偽を分析すると

真実を見極める力が付くでしょう。

伝説的経済書籍の人間の正しさとは?仕事精度睡眠時間充実感アップ?

国富論のアダムスミスから 人生を学ぶ本があるのです ...

続きを見る

明らかなフェイクをあたかも真実のように垂れ流すどこかの極右政党そして固有の条件に基づいて考えれば帝国主義的な政策は正当化してもかまわないというどこかの歴史修正主義者たちの考えはまさしくこのガブリエルの分析を地で行っていると言っても良いというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

「ポスト真実」時代を

誕生させた真犯人とは?

人間終結?と相対主義を

学ぶための資本主義の終わりか、

人間の終焉か?未来への大分岐の

ガブリエルの分析が

現実のどのような事柄に

当てはまるかを思考してみると

力が付くでしょう。

ガブリエルの思考を

学ぶだけでも経済力

アップではないでしょうか?

物価超急上昇ハイパーインフレ!戦費・賠償金・植民地独立・原油下落

日本にいるとあまり 遭遇する事のない 経済被害とし ...

続きを見る

ガブリエルは現代社会にはびこるこのような相対主義を世界は存在しないがそれぞれの領域ごとの「意味の場」は存在するという「真実在論」によって克服しようとするというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

ニュー実在論で再民主主義・

絶対主義でない思考を

知るための資本主義の終わりか、

人間の終焉か?未来への大分岐で

真実在論が習得できるっぽいです。

今での他の学問も

違う風に見えるようになるでしょう。

それぞれの領域の意義も

自分で思考してみると

なぜその領域がそうなのかも

ハッキリ分かるのではないでしょうか?

金本位制!イギリス貨幣法ソブリン金貨・日本いつから復活・銀・変動

今では考えられない人も 多いですが 紙幣貨幣と金が ...

続きを見る

無限の多元性を強調しながらも事実や経験の客観性をしっかりと担保するこのような「真実在論」というアマゾンAmazon通販口コミレビュー

「ポスト真実」時代を

誕生させた真犯人とは?

人間終結?と相対主義を

学ぶための資本主義の終わりか、

人間の終焉か?未来への大分岐で

多元性と客観性のコラボレーションを

認識できるっぽいです。

客観的と多元の両立が

あまり分からない人ほど

この本を読む意味があるでしょう。

経済人生レボリューション!自分肯定◎・金儲けは再現性?行動力向上

今不幸や 劣悪な環境の人は この本が 救世主になる ...

続きを見る

嘘でぬり固められた「ポスト真実」=相対主義をこの世からそして何よりも日本の政治の世界から駆逐してくれることを願うというアマゾンAmazon通販口コミレビュー

ニュー実在論で再民主主義・

絶対主義でない思考を

知るための資本主義の終わりか、

人間の終焉か?未来への大分岐で

日本の政治の未来を

想像した人もいます。

この本を読むことで

政治力もアップするのでしょう。

中国やアメリカやヨーロッパ圏などの

他の国々の将来も思考してみると

この世界が何なのかも

分かって来るのではないでしょうか?

ポスト真実のどのようなところが

虚構なのかを認識してみると

騙されない人になれるでしょう。

新大陸資本論!経済4空間?実体・ボーダレス・サイバー・マルチプル

あの大前研一氏の 経済学が読めるのが 「新・資本論 ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-世界最高峰知性の資本主義論

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5