スポンサーリンク

お金神を崇拝な社会の新階級!プロレタリアート無産に微笑む神とは?

普通何かを

得るために行動したり

発言したりするわけですが

資本主義経済においては

どうでしょうか?

価値を創造する商品から資本成立は詐欺?お金貨幣固執と資本家の違い

マルクス資本論は 他の経済学と どう違うのでしょう ...

続きを見る

お金や貨幣や資本を集めまくる

これらを集める事が

いわゆる崇拝レベルにまで

達しているのが

現代の資本主義経済では

ないでしょうか?

ポイント

神がいなくなったのではなく

お金貨幣資本という神に

変化したとも言えるでしょう。

商業や経済やお金中心は正しいのか?資本家は節制修行?資本論の骨子

経済学の世界的名著として 名高いマルクス資本論です ...

続きを見る

今までと異なる新しい階級制

資本主義経済が成立する以前の

階級制が

労働力からの剰余価値を

巧みに得られるかの

階級制へと変化したのです。

お金紙幣の歴史・銀行制度・イングランド・徴税権担保・政府国民借金

昔からのベストセラー本の マルクス資本論の7巻あた ...

続きを見る

マルクスにおけるプロレタリアート

お金貨幣資本という神を

味方としているのが

資本家たちなら

神がいないのが

プロレタリアートと

呼ばれる人たちなのです。

雇い主資本蓄積の格差社会な現代!可変・不変・労働者困窮・IT時代

昔からのベストセラー本である マルクス資本論で 雇 ...

続きを見る

ただ、本当に

プロレタリアートたちは

神がいないのでしょうか?

マルクスの本を読みこむと

一見神から見放されている

プロレタリアートに近付く

神や大きい何かの姿が

見えて来るでしょう。

国富論アダムスミス簡単解説!分業神の見えざる手・重商主義自由貿易

社会主義と共産主義として 有名なベストセラー本が ...

続きを見る

⇓マルクス経済学の神について知りたいならこちらから

社会学史講談社現代新書大澤真幸

お金を稼ぐための労働生産は正義?空しい仕事な資本主義の未来とは?

仕事に励んでいる人は 何のために働いているのか 分 ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-人気の本・経済学・名著

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5