スポンサーリンク

マルクス論超正確理解!資本制社会最重要概念キモ・生を鮮やかに解明

あのマルクス資本論も

いろいろな読み方

使い方があるということです。

武器としての資本論

お知らせしていきます!

新大陸資本論!経済4空間?実体・ボーダレス・サイバー・マルチプル

あの大前研一氏の 経済学が読めるのが 「新・資本論 ...

続きを見る

いろいろなこの本の解釈を読むよりも自分の解釈をまずはしてみてこそでしょう

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論は

自分で独自の解釈を

してみるのも面白いでしょう。

色々考えている内に

何か思いつくかもしれません。

超訳資本論!投資家著作・この上なく論点明快・ビジネスマンバイブル

マルクス資本論の 解説本はたくさんありますが スー ...

続きを見る

資本主義制度の剰余価値とは超昔ながらの制度なのではなくある時期に人為的に作り出されたやり方

マルクス経済の

キモ部分だけを重点解説・

生を超鮮やか解明に

メリットのある

武器としての資本論から

あの有名な剰余価値を

イメージした人もいます。

剰余価値自体が特殊で

レアな概念なようです。

増やしたり無くしたりも

可能なのではないでしょうか?

そもそもなぜ剰余価値というものが

出現してきたのでしょうか?

経済学的な意味は

無くすだけで十分と言えるのでしょうか?

剰余価値マルクス資本論と経済学上の超難しい課題!物と物の価値交換

社会主義と共産主義で有名な カールマルクスの 資本 ...

続きを見る

ある時に急に発生してきた剰余価値体制はなぜか継続して行われ続けている

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論で

長期的に継続している

剰余価値を思考した人もいます。

この本であなたは

どのような経済概念を

思い付くでしょうか?

そもそも剰余価値は

悪なのでしょうか

人類成長の大前提

なのでしょうか?

あらすじマルクス資本論!難解でなく簡単に解説・不朽の古典おすすめ

社会主義や共産主義で著名な 不朽の古典の資本論です ...

続きを見る

ただの衣食住などの生きる為だけにお金が使われたら剰余価値機能が拡大していかないのでは?

マルクス経済の

キモ部分だけを重点解説・

生を超鮮やか解明に

メリットのある

武器としての資本論で

増加し続けると考えられることの多い

剰余価値が増えないシチュエーションを

イメージした人もいます。

このようにいろいろ空想する人が

結局は経済力をアップさせるのでしょう。

本当に皆が節制して

剰余価値拡大を阻止するという

ある種映画のような展開が

現実に生じたら?

物価超急上昇ハイパーインフレ!戦費・賠償金・植民地独立・原油下落

日本にいるとあまり 遭遇する事のない 経済被害とし ...

続きを見る

ただ生きている人に土地を与えて収穫物を奪うようにお金を与えることでいわゆる剰余価値を刈り取る

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論で

剰余価値を維持するための

仕組みを考えた人もいます。

経済の概念も

なぜ成立するか思考してこそ

意義があるでしょう。

老子にも奪いたければ

与えてやれというものが

ありますが

何かを得られたら背景を

疑うべきなのでしょう。

アニメカイジで勝つ働き方仕事!幸福得る知恵・ワークライフバランス

マルクス資本論や アダムスミス国富論が 難し過ぎて ...

続きを見る

いわゆる電化製品もただ生きている人に与えると剰余価値搾取につなげるために役立つ?

マルクス経済の

キモ部分だけを重点解説・

生を超鮮やか解明に

メリットのある

武器としての資本論で

家電とマルクス経済学の

関連性に到達した人もいます。

色々な分野で

技術革新が発生しているのです。

世の中が複雑に進化したとしても

資本制が剰余価値と

きってもきり離せない

のは同じなのでしょう。

伝説的経済書籍の人間の正しさとは?仕事精度睡眠時間充実感アップ?

国富論のアダムスミスから 人生を学ぶ本があるのです ...

続きを見る

発展途上国は名前の通り先進国との経済格差があるので貧困者に対するやり方を用いやすい?

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論で

途上国経済を合わせて

考えてみるのも勉強になるでしょう。

どの途上国が

どういう理由で経済発展

していくのでしょうか?

結局はどの国かで大発展したものを

別の地域で剰余価値体制で

利用されていったら・・・

延々に無限ループなのかもしれません。

金融緩和!金利引下げ・銀行国債回収・印刷危険?・リーマンショック

経済学を学習する上で マルクス資本論を 読んでいる ...

続きを見る

相対的剰余価値増加体制があってこそ資本制が存続してきたのでしょう

マルクス経済の

キモ部分だけを重点解説・

生を超鮮やか解明に

メリットのある

武器としての資本論で

資本制の存続原因も

学べるようです。

どのような経済体制が

本当は望ましいのでしょうか?

実は絶対的剰余価値というものも

存在しています。

このブログのどこかに

解説が存在しているので

分からない人は探してみて下さい。

リーマンショック背景!低所得者向けサブプライムローン・住宅バブル

最近起きた金融危機に リーマンショックが あるでし ...

続きを見る

剰余価値増加を上手いこと行ってきた今までの手法は今後は成立しない?

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論で

現代経済の限界を

思慮した人もいます。

どのへんが限界かを

ハッキリ語れるようになったら

本物でしょう。

図解資本論丁寧!現代的事例・全3巻内容・文庫安い価格Kindle

マルクス資本論解説の中でも 見た目の分かり易さで ...

続きを見る

いわゆる剰余価値を作成し続けなければ今でいう資本制は続かない?

マルクス経済の

キモ部分だけを重点解説・

生を超鮮やか解明に

メリットのある

武器としての資本論で

資本主義の根本原因に

気付いた人もいます。

資本制をどうしたら

もっと人々に受け入れられる

体制になるのでしょうか?

命より重いお金マネー話!収入給料落とし穴・社会的合法搾取カラクリ

お金儲けや経済を 学ぶ題材はたくさんありますが 大 ...

続きを見る

剰余価値という体制は多くの国民が能力不足と思い込んでいるからこそのやり方なのでは?

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論で

人の弱みに付け込むやり方に

気付いた人もいるっぽいです。

弱みを克服するか

弱みでないと達観するかしておくのが

無難でしょう。

本格経営書!アービトラージ・企業参謀・経済探検・新冷戦・勝者敗者

実はアメリカではない 新大陸があるのです。 大前研 ...

続きを見る

この本を読んだら自分の感想をちゃんとまとめてみるのもおすすめします!

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論は

あなた自身の思索にも

かなり重宝するみたいです。

流れに任せて

生きてしまっている人も

この本で方向修正が

可能でしょう。

国富論アダムスミス簡単解説!分業神の見えざる手・重商主義自由貿易

社会主義と共産主義として 有名なベストセラー本が ...

続きを見る

マルクス資本論の重大概念の剰余価値は結局どのようにして発生したのでしょうか?

マルクス経済の

キモ部分だけを重点解説・

生を超鮮やか解明に

メリットのある

武器としての資本論で

剰余価値を完璧に

理解することが

できるのかもしれません。

剰余価値?という人は

ここでその重要な意味を

目の当たりにすることになるでしょう。

資本主義勝者絶対ルール!給料以上働いていませんか?残酷な剰余価値

あのレジェンドな ベストセラー マルクス資本論を ...

続きを見る

剰余価値状態は未だに続いているなぞの価値

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論で

なぞの継続価値の真の意味を

認識することにもなるのでしょう。

いつの日か剰余価値が

存在しなくなる日は

訪れるのでしょうか?

膨大資料徹底思考なマルクス情熱!アジア古典古代封建資本主義と違い

アジア的古典古代的封建的 資本主義生産様式と マル ...

続きを見る

ある程度の無駄遣いがあってこそ剰余価値経済発展があったのでは?

マルクス経済の

キモ部分だけを重点解説・

生を超鮮やか解明に

メリットのある

武器としての資本論は

無駄遣いの他の側面も

知れるみたいです。

何かの目的のための

無駄遣いなら

無駄遣いではないかもしれませんが・・・

経済学史上のマルクス!資本論への歩み・労働二面性・貨幣発生と機能

経済学初学者でも おすすめの解説本なら どんどん読 ...

続きを見る

昔の時代に人々から搾取するために田畑の土地が配られたようにそれがお金に変化しただけ?

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論で

お金をもらうことの

深い意味まで思考した人もいます。

ただより高いものはないという

格言がありますが

裏の意味が物事には

多いのでしょう。

気を付けて生きてください。

悪に課税?主権国家租税政策・為替相場制度・失敗される設計ユーロ?

貨幣と税の深い関わりについて ご存知でしょうか? ...

続きを見る

国同士の搾取における剰余価値も存在するのでは?

資本主義社会の最重要概念・

マルクス論正確理解を知り

使いこなすための

武器としての資本論で

国同士の国際経済搾取にまで

話を拡大してみると

面白いのではないでしょうか?

今の国で言うとどこが搾取国で

被搾取国でしょうか?

産業革命機械システム工場制度は労働者へどう影響?賃金変容からくり

産業革命で機械が 出現したのですが それ以前と以後 ...

続きを見る

資本制がこんなにも長く継続している一番の要因とは?

マルクス経済の

キモ部分だけを重点解説・

生を超鮮やか解明に

メリットのある

武器としての資本論から

大元の資本経済体制の存続理由を

考えてみるのが良いみたいです。

本当の資本制継続要因は

結局何なのでしょうか?

これが詳細に他の人に

語れるようになれば

資本制攻略もまじかかもしれません。

レーニン・カストロ・ゲバラ・マンデラ参考!20世紀代表変革指導者

かつての歴史的 変革指導者たちは ある2人の人物の ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-武器マルクス資本論

error: Content is protected !!