スポンサーリンク

ニクソンショック!金ドル兌換停止・ブレトンウッズ体制・ベトナム戦

今からは考えられない人も

多いですが

昔は紙幣貨幣は金ゴールドが

担保の経済だったのです。

なぜ兌換が停止

されたのでしょうか?

知ることで経済本質が

分かるでしょう。

マルクス経済学解説本!再読・世界一簡単・池上彰講義・可能性・入門

今も議題に上ることの多い マルクスですが 自分で学 ...

続きを見る

第二次世界大戦後からの経済体制

ブレトンウッズ体制と呼ばれる

アメリカの圧倒的金保有量を

紙幣貨幣と結びつけて

アメリカが経済的に有利になる

金ドル固定相場本位制だったのです。

NHK新しい資本論斎藤幸平!マルクスが環境問題?エコロジー脱成長

あの紅白歌合戦で有名な NHKで マルクス資本論が ...

続きを見る

第二次世界大戦でかつての大国ヨーロッパが経済疲弊

アメリカに経済的に有利な

ブレトンウッズ体制は

大戦で経済疲弊を被った

ヨーロッパに資金を渡すと

同時にアメリカが金ゴールドを

受け取るものだったわけです。

漫画カイジで銭儲け経済学?お金真姿使い方給料守り方・非ギャンブル

銀行から年率12%で 100万円を借りています。 ...

続きを見る

大量の金ゴールドと大戦で疲弊していない国土

アメリカ合衆国は第二次世界大戦で

経済疲弊しなかったことにより

アメリカを経済的な軸にした体制で

安定した秩序形成になったのです。

経済理論神髄!アダムスミス国富論で幸福感な生き方習得・政府の意義

神の見えざる手で有名な アダムスミスと国富論ですが ...

続きを見る

円安と高品質製品のズレで好景気!

その国のお金の価値が

低いと輸出に有利なのですが

第二次世界大戦で疲弊した

国々にも当てはまるのです。

高品質製品を国外に販売していて

国内の基軸通貨の価値が対外的に

低いので飛ぶように売れて

豊かになったわけです。

初学者おすすめ資本論!年収1000万円しんどい?言葉の重みすごい

お金紙幣貨幣と仕事ビジネスの 勝利者になるための ...

続きを見る

アメリカドルと金ゴールドがどんどん国外に消える

上記のように

大戦疲弊国が

経済復興を成し遂げる中で

アメリカは反対に経済的に

疲弊していきました。

また、ベトナム戦争という

戦争が生じたので

更にアメリカは経済ダメージを

受けたのです。

イラストあらすじ分り易い資本論!意味不明長い難と感じた人おすすめ

超有名な経済学本のマルクス資本論は 抽象的で難解と ...

続きを見る

とうとうニクソンショックが発生

ある時イギリスが多額の

金兌換をアメリカ合衆国へ

要求したのです。

アメリカの経済疲弊への防衛のために

ニクソン大統領は金兌換を停止

しただけでなく

輸入品に10%の追加のお金を

支払わせるようにしたわけです。

経済人生レボリューション!自分肯定◎・金儲けは再現性?行動力向上

今不幸や 劣悪な環境の人は この本が 救世主になる ...

続きを見る

アメリカの経済疲弊の原因

その当時アメリカは

ソビエト連邦と

冷戦を戦っていたので

その面でもアメリカ陣営の

国々に経済援助が

必要だったのです。

カイジしたたかさ秘訣!お金とチャンス・正義正解作れる?・自分価値

あの人気漫画カイジと 経済学エコノミーの 夢?のコ ...

続きを見る

ニューディール政策の公共投資

公共投資により

経済が全体的に活性化するという

考え方ですが

上手いこと

財政改善にはなりませんでした。

マルクスる?読者評価分かりやすさ証明・資本蓄積循環流通・利子利潤

著者は言う 「マルクス理論で給料額を 容易に説明可 ...

続きを見る

ニクソンショックで日本好景気

日本はアメリカ輸出が

難しくなったことにより

国内産業を育成し

借金をしやすくしたことで

いわゆるバブル景気が

到来しました。

他国の不景気も上手く利用すれば

自国の経済利益ということです。

まんがで読破資本論!何度も読み返したくなる・金が何で出来ているか

難解な有名本も コミックだと すんなり入って来る ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-重要な経済知識考え

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5