スポンサーリンク

マルクス主義簡単!資本家階級・共産・唯物史観・独裁経済・問題批判

今はなき

ソビエト連邦は

マルクス主義を参考にして

国家運営をしていたのです。

ロシア革命とソビエト連邦指導者レーニンの経済政策とマルクス資本論

ロシア革命で指導的な役割を 果たしたのが ソビエト ...

続きを見る

肥大化した資本家の力を削減していく

マルクス主義が登場する以前

資本主義により

お金マネーを上手く集める

資本家とそれ以外の

貧困にあえぐ労働者が

存在していました。

資本家が集めたお金マネーを

取り上げて労働者たちに

分配すれば

上手く経済運営できるのではないか?

自然な流れではないでしょうか。

武器としての資本論!他のマルクス書籍と違う・自己啓発書・試し読み

武器としての資本論という本を ご存知でしょうか? ...

続きを見る

メモ

取り上げるというより

ずる賢こくお金儲けを

している連中から

社会市場にお金マネーを

戻すと言った方が

適切かもしれません。

NHK新しい資本論斎藤幸平!マルクスが環境問題?エコロジー脱成長

あの紅白歌合戦で有名な NHKで マルクス資本論が ...

続きを見る

どのようにすればマルクス主義で上手くいくのか?

上記の理念は素晴らしいかも

しれないが

結局どうすれば良いのか?

その疑問に応えるのが

資本論という著作なのです。

あらすじマルクス資本論!難解でなく簡単に解説・不朽の古典おすすめ

社会主義や共産主義で著名な 不朽の古典の資本論です ...

続きを見る

共産主義を唱えだしたマルクスたち

資本家からお金マネーを

取り上げ国家が管理する

やり方を専門用語で述べると

共産主義と言えます。

価値を創造する商品から資本成立は詐欺?お金貨幣固執と資本家の違い

マルクス資本論は 他の経済学と どう違うのでしょう ...

続きを見る

かつての階級闘争

昔から人々はいろいろな

権利で争ってきたのです。

それが今度は

資本になったということです。

お金神を崇拝な社会の新階級!プロレタリアート無産に微笑む神とは?

普通何かを 得るために行動したり 発言したりするわ ...

続きを見る

社会の根幹は物?

結局この社会は

何で出来ているかということが

社会問題を解消する上で

重大と言えますが

マルクスは物が根幹と

考えたのです。

関連

経済専門用語で述べると

唯物史観と言います。

マルクスの著作を挙げるなら

経済学批判です。

漫画カイジで銭儲け経済学?お金真姿使い方給料守り方・非ギャンブル

銀行から年率12%で 100万円を借りています。 ...

続きを見る

労働者すらも資本で買われる社会

日本でもそうですが

時給何円などで

労働力が販売できるでしょう。

巧みにお金マネーで

労働者を操る資本家が

どうしても力を

持っていくのです。

参考

あまりにも資本家が

お金を集め過ぎると

経済社会が崩壊する

可能性もあるでしょう。

現代社会グル著作!21世紀新経済社会・富プラットフォーム・新戦略

経済的に儲けるために 新しい分野に チャレンジする ...

続きを見る

本当に社会の根幹は物?

物ではないという

考え方もあるのです。

思想系の事柄などです。

政治も物が影響を

及ぼしているとしても

物の方が重要とまでは

述べられないかもしれません。

マルクス自身の手による資本論入門!超丁寧文体デザインコメント絶賛

面白いマルクス資本論を 発見しました! マルクス自 ...

続きを見る

資本家の責任にし過ぎている?

資本家はだまし取って

お金マネーを

獲得しているというより

ちゃんと社会貢献して

お金マネーを集めている面も

あるでしょう。

国富論アダムスミス簡単解説!分業神の見えざる手・重商主義自由貿易

社会主義と共産主義として 有名なベストセラー本が ...

続きを見る

全てが計画通りに進むのか?

マルクスは計画的な経済を

重視していました。

しかし

何かを計画したとして

その通りに進むというのは

余程の天才か思考がないと

難しいでしょう。

参考

それに国が大きければ大きいほど

人や他の変化も

時が経てば経つほど

大きくなるのが

想像出来るでしょう。

イラストあらすじ分り易い資本論!意味不明長い難と感じた人おすすめ

超有名な経済学本のマルクス資本論は 抽象的で難解と ...

続きを見る

独裁経済に発展

上記のように計画通りに

進まないと人々は

不満を持ちますので

それを弾圧するために

強大な権限の独裁経済に

到達してしまうのです。

Amazonベストセラー本の剰余価値蓄積で訪れる独裁者の姿とは?

あの有名なアメリカ合衆国や 日本もいわゆる自由に ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-重要な経済知識考え

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5