スポンサーリンク

米がお金貨幣の代わり!?江戸時代・古代日本経済と租税制給料石高制

日本にいると

お金で物がやり取りされるのが

当然ですが

実は昔は

米を基準に経済が

回っていたのです。

マルクス経済学解説本!再読・世界一簡単・池上彰講義・可能性・入門

今も議題に上ることの多い マルクスですが 自分で学 ...

続きを見る

古代日本経済の租

租という税で

米を徴収するのが

古代日本経済だったのです。

雇い主資本蓄積の格差社会な現代!可変・不変・労働者困窮・IT時代

昔からのベストセラー本である マルクス資本論で 雇 ...

続きを見る

給料にも米

給料としても

米が使われていた時期が

あるのです。

国富論アダムスミス簡単解説!分業神の見えざる手・重商主義自由貿易

社会主義と共産主義として 有名なベストセラー本が ...

続きを見る

戦国時代豊臣秀吉の太閤検地と石高制

米が戦国時代の

実力者である

大名の力を表す石高として

使われたのです。

超入門資本論!読破2時間・お金仕事方法重要ルール・勝ち残り力養成

経済学界の巨人として マルクスがそして著書の 資本 ...

続きを見る

米は消費期限がある

米は貨幣と異なり

消費期限があります。

なので、

経済上消費を

自然に促すことにも

なったのです。

現代も米経済にすると

上手く活性化するかもしれません。

お金を稼ぐための労働生産は正義?空しい仕事な資本主義の未来とは?

仕事に励んでいる人は 何のために働いているのか 分 ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-江戸古代日本の経済

error: Content is protected !!

© 2021 資本論・国富論・金融・経済・主義・マルクス!おすすめ! Powered by AFFINGER5