スポンサーリンク

資本主義恐慌失業対策!ソビエト連邦レーニン・企業経済国有公務員化

資本主義を採用している国が

世界で多いわけですが

残念ながら恐慌や

貧困も生じているのです。

大工業機械時代と労働者・失業者必要?資本主義ゆくえ・世界経済破綻

今の時代では当たり前ですが ある時期から機会と労働 ...

続きを見る

アダムスミスらの古典派経済学の限界

皆が好きに自由に

経済活動を行うと

何とかなるという

思想ですが

現実ではたくさんの

経済問題が発生したのです。

読みどころ満載!謎解き要素・絶対的相対的増殖価値の意味・労働過程

読みどころ満載と 称される経済解説本なのが 資本論 ...

続きを見る

カールマルクスの資本論登場!

資本主義の問題対策を

行う思考を記したのが

現在経済学入門・カールマルクスエンゲルス思想名言とは

・社会主義・共産主義・階級論・著者にもおすすめ人気本な

資本論です。

社会主義の元になる

本でもあります。

リベラシオン紙連載時評・ユーロ圏深刻危機なぜ?デフレ景気後退対策

あのリベラシオン紙に トマピケティが連載していた ...

続きを見る

資本主義の経済格差是正になるのか?

経済格差改善すなわち

平等で公平な社会が

現在経済学入門・カールマルクスエンゲルス思想名言とは

・社会主義・共産主義・階級論・著者にもおすすめ人気本な

資本論における

社会主義だと

本当に到来するのでしょうか?

MMT現代貨幣理論入門!歴史的な意義・マクロ会計基礎・租税・財政

マルクス資本論や 他の経済学にも出現してくる 貨幣 ...

続きを見る

ウラジーミルレーニン率いるソビエト連邦誕生

上記の資本主義で儲けている

人々への憤慨から

当時のロシア帝国において

レーニンたちがソビエト連邦を

建国したのです。

レーニン・カストロ・ゲバラ・マンデラ参考!20世紀代表変革指導者

かつての歴史的 変革指導者たちは ある2人の人物の ...

続きを見る

資本家は悪?無くせばセーフ?

資本家が経済的に得するのは

資本を集められる権利と

生産方法の所有が

あったからこそと言えます。

よって

それらを無くすと

経済格差も直せるというのが

現在経済学入門・カールマルクスエンゲルス思想名言とは

・社会主義・共産主義・階級論・著者にもおすすめ人気本な

資本論の

マルクス思想と言えます。

行動経済学セイラ-ナッジ!デフォルト・報酬・利益返報・選択簡易化

経済学の分野の中でも 面白いと感じる人が 多いのが ...

続きを見る

経済停滞と職の無い労働者はどうすれば?

そもそも経済停滞が

生ずるのは資本家が

それぞれ自由に好きに

儲けるために商品サービスを

販売しているためと言えます。

なので、

国が全て思考して

商品サービスを提供すると

経済停滞と失業が発生

しないのではないか?

このような流れで

いわゆる計画経済が

出現したのです。

世界的ブームなハーヴェイ教授入口本!マルクス自身の観点に立ち返る

実はあの 資本論のマルクス経済学が 世界的ブームに ...

続きを見る

国の経済影響がアップする好影響とは?

企業や組織経営が

失敗すると失業する

労働者が現れるのですが

国が企業への影響力を

上げることで

皆が公務員という

状況になるでしょう。

損益分岐点働き方!高い給料もらい方とは・年収1000万激務のみ?

あの経済学用語である 損益分岐点を 仕事に応用した ...

続きを見る

社会主義体制になるための壁

今までその国で

資本主義体制だと

いろいろな利権や権力が

成立しているのです。

なので

それを変更させて社会主義に

するには相当の力が

必要となるでしょう。

力ずくでも社会主義に

すべきと

現在経済学入門・カールマルクスエンゲルス思想名言とは

・社会主義・共産主義・階級論・著者にもおすすめ人気本な

資本論の

マルクスは述べているのです。

マルクステキスト立ち返り誤解解く!根本から世界構造仕組みひもとく

いま再びあの 伝説的古典名著 マルクス資本論を 呼 ...

続きを見る

共産党宣言の出現

上記の社会主義革命は

共産党宣言の中で

労働者への呼びかけとして

主張されているのです。

世界最高峰知性の経済本!終焉とは?・未来大分岐・コモン新民主主義

いろいろな経済本が 販売されていますが 最強の知が ...

続きを見る

スポンサーリンク

こちらもおすすめ商品!

月の土地権利とお金マネー経済

言語切り替え

良い記事だと感じたらシェアもおすすめ!Twitterツイッター・Facebookフェイスブック・Line・はてなブックマーク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-世界経済を学ぶ

error: Content is protected !!