スポンサーリンク

あらすじマルクス資本論!難解でなく簡単に解説・不朽の古典おすすめ

社会主義や共産主義で著名な

不朽の古典の資本論ですが

難解でページ数が多いという

意見があります。

そこで、

かなり分かり易く

解説してみました!

商業や経済やお金中心は正しいのか?資本家は節制修行?資本論の骨子

経済学の世界的名著として 名高いマルクス資本論です ...

続きを見る

資本主義と社会主義の違いとは

資本主義とは

それぞれの人や組織が

自由に経済的な利益を

追求する体制のことです。

社会主義とは

国が経済を管理して

上手く回そうというものです。

国富論アダムスミス簡単解説!分業神の見えざる手・重商主義自由貿易

社会主義と共産主義として 有名なベストセラー本が ...

続きを見る

資本主義と社会主義を知るには?

資本主義が良く分かる本として

アダムスミスの国富論が

社会主義や共産主義が良く分かる本として

カールマルクスの資本論があります。

新古典派経済学特徴!アダムスミス国富論進化・限界革命・価格弾力性

世の中には たくさんの経済学が 存在していますが ...

続きを見る

資本論における商品という概念

店とかで商品が

並んでいますが

実は2つの価値が

あるのです。

米がお金貨幣の代わり!?江戸時代・古代日本経済と租税制給料石高制

日本にいると お金で物がやり取りされるのが 当然で ...

続きを見る

交換と使用

商品をお金と交換して得るわけですが

それはそれだけの交換価値が

商品にあったからと

言えるのではないでしょうか。

また、

商品は何かに使う事が多いので

使用価値があると述べられます。

労働力で価値バリュー計測!お金の仕組みとマルクス資本主義社会分析

お金を稼ぎたいなら 金融を学ぶのが 重要ではないで ...

続きを見る

お金の交換価値とは?

店に入ると

何がいくらですと

記載されていますが

どれくらいのお金価値で

交換可能かを意味しているわけです。

非常に便利な交換価値でしょう。

ロシア革命とソビエト連邦指導者レーニンの経済政策とマルクス資本論

ロシア革命で指導的な役割を 果たしたのが ソビエト ...

続きを見る

マルクス資本論における労働力

仕事やアルバイトをしていると

労働力を提供して

賃金お金を獲得するわけですが

5万円分働いて何かを

完成させたとして

5万円分もらえるのではなく

雇い主が差し引いた額を

もらえるのが普通では

ないでしょうか?

ポイント

すなわち

労働力と商品価値が

一致しないということです。

ここをマルクスは

剰余価値と述べています。

お金紙幣の歴史・銀行制度・イングランド・徴税権担保・政府国民借金

昔からのベストセラー本の マルクス資本論の7巻あた ...

続きを見る

剰余価値をアップさせる2つの方法

これから経営者になる人のためにも

余剰価値で儲ける2つの裏技を

お知らせしようと思います。

まずは、

日本でも結構問題になっている

サービス残業のような

労働時間延長で給料を渡さないものが

あるでしょう。

これは単純ですがその分不満も

出やすいのではないでしょうか?

そして、

新しい技術や考え方を教える事で

同じ労働時間にも関わらず大量の商品を

生み出すやり方があるでしょう。

これだと自然に経営者の余剰価値も

増えるので良いやり方と言えるかもしれません。

お金を稼ぐための労働生産は正義?空しい仕事な資本主義の未来とは?

仕事に励んでいる人は 何のために働いているのか 分 ...

続きを見る

労働者のお金の取り分や賃金を減らしていくとどうなるか?

雇い主が剰余価値を

増やすやり方の禁じ手として

労働者の賃金を減らす

というものがあるでしょう。

雇い主の方が力や権限が

大きいケースが多いので

一見成功するように見えます。

ですが、いつの間にか

不満が溜まっていき離反されるどころか

打倒されることも

あるのではないでしょうか。

こういった話が書かれているのが

マルクス資本論です。

続きや他の話が気になる人は

是非読んでみるのをおすすめします!

剰余価値マルクス資本論と経済学上の超難しい課題!物と物の価値交換

社会主義と共産主義で有名な カールマルクスの 資本 ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-スライドショー記事, 人気の本・経済学・名著

error: Content is protected !!