スポンサーリンク

英国エコノミスト誌選出な著者!新天地・経営本質・国家世界経済解説

今会社や店を

運営しているなら

この本が使えるでしょう。

大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むのことです。

資本主義勝者絶対ルール!給料以上働いていませんか?残酷な剰余価値

あのレジェンドな ベストセラー マルクス資本論を ...

続きを見る

昔よりもお金関係や製造がフリーになっていませんか?今の世の中は冷戦後とどう違うとあなたは思いますか?

米国英国で大反響の著者・

ワイルドウェストを飼いならすを

ひもとくための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むで

冷戦前と冷戦後を

エコノミー面から思考すると

力が付くでしょう。

何らかの大きい転機を

予測出来るようになれば

本物と言えます。

これさえ分かれば経済学マスター?チェンジ・レア感・不平等・自由財

お金を本当に 儲けるためには やはり経済学!と 考 ...

続きを見る

大前研一氏は一つの基準としてBGからAGへの変貌を挙げています

英国エコノミスト誌選出作者・

国家や世界経済の問題国ごと解説を

読破するための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むで

時代の転換期とは

何なのかを考えてみるのも

面白いでしょう。

次回の大転換は

何なのでしょうか?

マルクス経済学解説本!再読・世界一簡単・池上彰講義・可能性・入門

今も議題に上ることの多い マルクスですが 自分で学 ...

続きを見る

Wiondowsのビルゲイツの大躍進も一つの時代の節目と言えるでしょう

米国英国で大反響の著者・

ワイルドウェストを飼いならすを

ひもとくための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むを

考える上でもビルゲイツは

重要なようです。

ビルゲイツがどの国の経済に

どれほどどのような影響を

及ぼしたか思考すると

いろいろ見えるかもしれません。

新書大賞1位人新世資本論!気候変動・資本主義幻想・地球コモン再建

アマゾンのレビューが 1000個以上の マルクス資 ...

続きを見る

やはりコロナも一つの大きな転機でナショナリズムの再評価も生じているでしょう

英国エコノミスト誌選出作者・

国家や世界経済の問題国ごと解説を

読破するための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むで

ナショナリズムが思い浮かんだ人もいます。

経済と直接は関係ないと思える事柄でも

実は大影響ということもあるでしょう。

胸を打つ恋物語資本論まんが!斬新・神とは・会社・経済専門用語説明

難解でページ数が多い 昔からの名著も まんがだとす ...

続きを見る

鉄のカーテンとも称されるほどの強固な壁の時代のソビエト連邦のルーブル委員会の真意とは?

米国英国で大反響の著者・

ワイルドウェストを飼いならすを

ひもとくための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むと

ソビエト連邦エコノミーを

関連付けると勉強になるようです。

結局ソビエト連邦とは

経済学上何だと言えるでしょうか?

お金紙幣の歴史・銀行制度・イングランド・徴税権担保・政府国民借金

昔からのベストセラー本の マルクス資本論の7巻あた ...

続きを見る

あの強大なソビエト連邦のかき集められた資金の行方とは?

英国エコノミスト誌選出作者・

国家や世界経済の問題国ごと解説を

読破するための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むで

あの大事件たるソ連崩壊を

思い出した人もいます。

社会主義の崩壊と同時に

新時代の到来と述べられるでしょう。

重農主義経済表!線数字図式化な分析的手法・富再生産・重商主義批判

マルクス資本論は まさに経済学というもので 商業的 ...

続きを見る

今の時代でもソビエト連邦の後継のロシアだけでなく中国も金地金集めに奔走?

米国英国で大反響の著者・

ワイルドウェストを飼いならすを

ひもとくための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むで

ロシア中国両エコノミーを

考え直してみると

楽しいでしょう。

今後のロシアと中国の

経済将来は

日本とどう関係してくる

でしょうか?

悪魔的ベストセラーマネーゲーム勝利者カイジ本!説得力・結果出す人

カイジという 裏世界でお金で 大バトルを繰り広げた ...

続きを見る

ゲームの中にしかリセットはないという意見もありますが大国が崩壊したり革命的な事件が生ずるとリセットと言え金地金と深い関係?

英国エコノミスト誌選出作者・

国家や世界経済の問題国ごと解説を

読破するための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むで

エコノミーリセットを

熟考してみるのもおすすめします。

何かが終わり

また何かが開始するでしょう。

トマピケティ資本論!世襲財産・ビルゲイツWindows不労所得?

あのトマピケティが マルクス資本論を 新解釈してい ...

続きを見る

最近有名な暗号資産とそれ以外の金融通貨がこれからの国際関係で大変動?

米国英国で大反響の著者・

ワイルドウェストを飼いならすを

ひもとくための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むで

今の時代だからこそのエコノミーツールも

想像していけるのでしょう。

暗号資産ですから上手く活用すると

現実の資産よりも価値を

高められるかもしれません。

世界一かんたんなマルクス経済本!短期間マスター・革命的ガイド書籍

マルクス経済学は 難解で読み難いと 感じている人が ...

続きを見る

すでにヒットコインのファンドというものも存在しているようです

英国エコノミスト誌選出作者・

国家や世界経済の問題国ごと解説を

読破するための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むから

あのビットコインが出現した人もいます。

ビットコインはまだまだ未知数に

感じている人もいるため

今の内に学習しておくと

ライバルに勝てるでしょう。

カイジしたたかさ秘訣!お金とチャンス・正義正解作れる?・自分価値

あの人気漫画カイジと 経済学エコノミーの 夢?のコ ...

続きを見る

何らかのファンドは国家が目を付ければ他の資産と結合して大発展するかも・・・

米国英国で大反響の著者・

ワイルドウェストを飼いならすを

ひもとくための大前研一「新・資本論」

見えない経済大陸へ挑むで

個人と国家の両方の立場から

エコノミーを考えられるようです。

国の視点を持っておくと

今後の国の動きを

予測しやすいでしょう。

堀江貴文資本論!お金と信用・起業自由・住宅ローン秘密・預貯金弊害

元ライブドア社長の ホリエモンこと 堀江貴文バージ ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-新大陸な資本論

error: Content is protected !!