スポンサーリンク

資本主義経済とは?分業・市民産業革命・私的所有・株式会社・道徳感

今の日本も世界の多くの

国々でも資本主義経済体制が

用いられています。

果たして資本主義とは

どのような経済体制

なのでしょうか?

ニクソンショック!金ドル兌換停止・ブレトンウッズ体制・ベトナム戦

今からは考えられない人も 多いですが 昔は紙幣貨幣 ...

続きを見る

いろいろな職業が分担で成立

今の社会は

たくさんの人々が

異なる職業を担当する

ことで成立している

分業体制です。

これにより自分の得意を

活かし全体的に見ると

1人で全てを担当するよりも

すごい経済効果になるわけです。

アダムスミスの国富論で

そのへんは詳しく書かれています。

命より重いお金マネー話!収入給料落とし穴・社会的合法搾取カラクリ

お金儲けや経済を 学ぶ題材はたくさんありますが 大 ...

続きを見る

王政からの変革

昔のヨーロッパは

王が政治を行う

いわゆる王政だったのですが

国民の力がアップし

王政を終わらせ

市民が経済的に自由に

動けるようになったのです。

この市民の経済的な自由さが

資本主義の特徴と言えます。

マルクス主義簡単!資本家階級・共産・唯物史観・独裁経済・問題批判

今はなき ソビエト連邦は マルクス主義を参考にして ...

続きを見る

技術が飛躍的に成長

いわゆる産業革命により

技術が大きく進歩し

経済も大きく

発展したのです。

これも資本主義の

特徴と言えます。

ちなみに産業革命は

イギリスで初めに

発生したようです。

超訳資本論!投資家著作・この上なく論点明快・ビジネスマンバイブル

マルクス資本論の 解説本はたくさんありますが スー ...

続きを見る

生産手段が公や他ではなく私的に所有

何かを生産する機械や

場所が雇い主に

所有されていることです。

ホリエモン資本論!マネー教育哲学・幸福な国とは?恣意的ルール運用

ニッポン放送買収計画などで 著名なホリエモンの経済 ...

続きを見る

マネーや銭を得るため

要はお金を大きく

ゲットするために

重点的に業務が

行われるのが

資本主義なのです。

新大陸資本論!経済4空間?実体・ボーダレス・サイバー・マルチプル

あの大前研一氏の 経済学が読めるのが 「新・資本論 ...

続きを見る

経済学という存在を作り出した人

国富論の著者である

アダムスミスが

経済学を成立されたと

言われています。

資本主義内面化解放な思考法!失われた誇り後ろめたさ?無縁共同体?

これからの経済世界を 勝者としてくぐり抜けていく ...

続きを見る

自由な経済活動が重要

アダムスミスは

経済活動が

自由であることで

どんどん国自体も

発展すると

主張したのです。

自由が想像や競争を

発生させ

結果的に大きな

経済発展に

つながると言えるためです。

世界最高峰知性の経済本!終焉とは?・未来大分岐・コモン新民主主義

いろいろな経済本が 販売されていますが 最強の知が ...

続きを見る

有名な名言な神の見えざる手

人々が私利私欲によって

勝手に商業活動したとしても

結果的に上手くいくという

いわゆる神の見えざる手を

主張しているのです。

超実践講義・知の処方箋・低賃金サービス残業解決策・直接的人間関係

元外務省勤務の人が 書いているお金解説本を 読んだ ...

続きを見る

政府の役割は民間が出来ない分野のみ

いわゆる小さな政府と

呼ばれる政府活動

のみの方が

経済が上手く回ると

述べています。

ノーベル受賞サムエルソン!国富論アダムスミスとケインズ経済学融合

サムエルソンは なんと ノーベル経済学賞受賞者なの ...

続きを見る

道徳感とある程度の基準

上記の神の見えざる手には

人々の道徳感と

客観的な規範も必要と

アダムスミスは主張しています。

結構当たり前のことかも

しれません。

豊富な内容と多次元広大書籍な資本論!現在グローバル金世界読み解く

あまり経済学を 勉強してきていない人も 入門と名前 ...

続きを見る

新しい資本主義にふさわしい組織

株式会社という

資本を大きく

集めてリスクも

あまりないものが

登場したのです。

リベラシオン紙連載時評・ユーロ圏深刻危機なぜ?デフレ景気後退対策

あのリベラシオン紙に トマピケティが連載していた ...

続きを見る

商品をきっちり消化しておかないと・・・

資本主義経済は自由なだけに

責任も個人に降りかかって

くるのです。

例えば売れると思っていた

大量の商品が販売しきれない

ケースを想像してみてください。

それが何十社もと

なっていくと

いわゆる恐慌状態に

なってしまうのです。

赤字で非政府貯蓄創造?中央銀行・財政オペレーション自国通貨発行国

何かの財政赤字で 他の貯金が増えるという状況を 想 ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ商品

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

ブログ運営者兼ライターの源正和です。 経済とネットビジネスと思想と心理学に詳しく、法学部卒・ライター経験5年以上でもあります。弁が立つと言われることも多いです。 1日に記事を3万文字以上書くようにし、日々内容を充実させているので、定期的に読んでいただけると嬉しいです。 また、紹介してある商品・サービスの感想もお待ちしています。

-世界経済を学ぶ

error: Content is protected !!

© 2021 資本論国富論・経済金融・主義・マルクス!おすすめ!剰余価値 Powered by AFFINGER5